UR賃貸の高齢者向け住宅

UR賃貸住宅には、高齢者や障害者の方が安心して生活できるよう、地方公共団体との連携や民間事業者等との協力のもとに、様々な高齢者等向け賃貸住宅を供給、管理しているのだとか。

高齢者や障害者向けと言っても、多くのニーズに対応できる様々な住宅が提供されています。

まず、既存団地の、主に一階の一部の住戸について、床の段差をなくし、要所に手すりを設置するなどリフォームされた賃貸住宅です。

一定以下の所得の方には、家賃負担の軽減措置もあるのだとか。

さらに、自立志向が強く円熟期も積極的に暮らしていこうという方々向けに設計された住宅もあります。

こちらは高齢者のための安全性を配慮した仕様と設備や、生活を支援するシステムや施設が充実した住宅なのだとか。

また、高齢者および障害者の方が住みやすいように、既存団地の一部の住戸において、浴室のバリアフリー化や設備の改善、連絡通報用の設備の設置などを行った賃貸住宅もあります。

さらに、生活協力員が団地内に居住するなどして、入居者の生活を側面から支援するという手厚いサポートのある賃貸住宅もあります。

団地内の一部の住戸において、緊急通報装置などのセキュリティシステムを導入して、安全対策ばっちりのシルバー向け賃貸住宅なのだとか。

UR賃貸住宅で、充実したシルバーライフを送りたいですね!